こんにちは。今日は「n」の発音のお話です。


「n」の発音… 学生の頃を覚えていらっしゃいますか?

もしかしたらお友達の誰かが、


「先生! an apple がどうして
『あなっぽぉ』に聞こえるんですか!?」


と質問したかも知れません。ほとんどの?先生は答えます。

「anの「n」とappleの「a」がつながって、外人さんが早く喋るとつながって「na(な)」と聞こえるんです!」




うーん・・(汗) これは先生のそのまた先生がそう教えたと思われるので仕方がないです。


でも実際は「n」の発音は「ん」ではないです。
「ん」はノドの奥を開け閉めして発音していますよ
ね? しかし、「n」の発音は言わば「ぬ」の方が近いです。
舌の先を、前歯の裏にチョコっとタッチして、軽く音を出してみましょう。




「なっ・・」




っとこんな発音になるのではないでしょうか?


その調子で、「an」をは発音してみましょう。


「あぬっ・・」


2,3回繰り返してみて下さい。




「あぬっ・・」「あぬっ・・」「あぬっ・・」




その調子で「アップル」を続けて発音してみます。


「あぬあっぽぉ・・・」速く2,3回繰り返してみて下さい。


「あぬあっぽぉ・・・」「あぬあっぽぉ・・・」「あぬあっぽぉ・・・」





"Come on to my house."


どこかで聞いたようなフレーズ?です。Come on の語尾の「n」ではキチンと、舌の先を、前歯の裏にチョコっとタッチして、音を出してみましょう。


"カモナマイハウス!!?"となるような気が今しませんでしたかっ!?



その調子で次を発音してみます。


"in
English" "on a table"
"an apple"




そして、今回の「n」の発音に限りませんが、ご自身で発音を正しくしていると他人の発音する音も早く聞き取れるようになります。


CDを繰り返し聞くのも大事ですが、恐らく自分の発音を正してからチャレンジする方が遥かに能率的だと思いますよ。頑張って下さい。